Skip to content

VITAFUL
(ビタフル)

電子タバコのランキング第1位は、VITAFUL(ビタフル)です。

通常のタバコや加熱式タバコとは違ってニコチンやタールが含まれていないことが特徴で、気軽に始められることから人気の高い電子タバコです。

未成年の方は購入することができないため、タバコの1種として考えましょう。味のバリエーションが豊富なことから、若者を中心にユーザーが広がっている製品です。

 

ビタミン入りのフレーバーが人気

VITAFULはその名の通りビタミン入りのフレーバーが人気の電子タバコです。全部で8種類のフレーバーが用意されていて、ユーザーは自分の好みによって使い分けることが可能です。リキッドにはニコチンもタールも含まれていないため、体にも環境にも優しいです。

ニコチンがなければ依存性も低いので、ないならないでいつも通り生活することができるでしょう。電子タバコと比較される製品に、このあと紹介する加熱式タバコがありますが、加熱式タバコはタバコの葉を原料としているためニコチンが含まれるのが一般的です。

電子タバコと加熱式タバコはこの点が最も大きな違いです。VITAFULは「ビタミンを感じる」ことのできる電子タバコで、通常のタバコだと少し健康面が気になるという人から選ばれています。

使い捨てタイプと充電式タイプの2種類

VITAFULが選ばれる理由としては、使い捨てタイプであるため電子タバコ特有の面倒くささが全くないことが挙げられます。電子タバコといえばタンクの洗浄や部品の交換など、手間がかかるイメージがあります。しかしVITAFULなら使い終わったものは捨ててしまうことができ、メンテナンスやリキッドの交換をする手間が省けます

さらに嬉しいのは、使い捨てのタイプに加えて充電式のタイプ2種類のバリエーションが用意されていること。充電式タイプはフル充電で500回まで吸引することができ、使い捨てタイプよりコストパフォーマンスに優れています。スマートフォンを充電するように手軽に使用できるため、高頻度で使用したい人は充電式タイプを検討してみてもいいかもしれません。

ビタミンを摂取できるとは限らないので注意!

VITAFULはタバコに似た性質と雰囲気があることから、ストレス解消や気分転換に効果がある製品です。禁煙目的での使用には特に効果があるものではないですが、「タバコの量を減らしたい」など節煙の目的では活用することが可能です。

ビタボンという電子タバコが発売開始されたタイミングで「ビタミンを摂取できる」と話題になったことがありますが、実際はただ成分にビタミンが含まれているだけなので、その水蒸気を吸ってもビタミンを摂取できるとは限りません

メーカーの宣伝文句でも「ビタミンを感じる」と言われているにとどまっていて、「VITAFULは体にいい電子タバコである」というのは誤解なのです。禁煙や体の健康には向いていないため、あくまで口の寂しさを紛らわせたりストレスを解消したりといった目的で使用するのがいいでしょう。

VITAFUL (ビタフル)を利用した方のの口コミ・評判を集めてみました!

臭いを気にせず喫煙が可能

水蒸気のけむりがけっこうでるので
吸ったっぽい感じはします。
煙草の匂いに敏感な友達もこれなら
まったく匂いがしないと車内で吸わせてくれました

引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

→タバコを吸う方であれば誰もが抱える悩みが「臭い」です。今の非喫煙者主体の時代では臭い移りやヤニ汚れの問題もあるため、家の中でもゆっくりと吸うことはままならないものです。

VITAFUL (ビタフル)を含むフレーバータイプの禁煙グッズの優れている点と言えば、他人への影響をそこまで気にしなくても良い点にあるでしょう。特に非喫煙者の方の車の中ともなれば本来であれば絶対に喫煙することを許されない空間ではありますが、VITAFUL (ビタフル)にはニコチン・タールが含まれていないため人によっては車内での喫煙も許してくれるかもしれません。

充電タイプと使い捨てタイプから選べる

普通のビタフルもいいけど
ひとつ買えば充電できるので
コストを抑えれて最高です

引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

→ビタフルには使い捨てタイプのものと充電式タイプのものの2種類があります。充電に煩わしさを感じていらっしゃる方も非常に多いでしょうが、ビタフルはニーズに合った利用ができるため魅力的です。

また例によってビタフルの口コミには、「ビタミンを摂取することができる。」という口コミを確認することができましたが、そのような事実はメーカーのサイト上にも記載はされていないため、誰かが意図的・もしくは無意識に勘違いやデマを広めてしまったと見て間違いは無いでしょう。