Skip to content

離煙パイプ
 

禁煙グッズのランキング第1位は、離煙パイプです。離煙パイプは数多くの喫煙者を禁煙へ導いた実績のある禁煙グッズで、ほぼ確実に禁煙に成功することができます。

「禁煙グッズはストレスもすごいんじゃないの?」と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、離煙パイプはストレスフリーにラクラク禁煙できる独自の仕組みがあるので大丈夫。これなら私も禁煙できそうだと感じているので、近いうちに試してみようと考えています。

ニコチンを31段階で徐々に減らして吸いながら禁煙できるのが魅力。使い捨てではないのでニコチン依存の強い人は二度使いできるのも嬉しいポイントです。

 

芸能人を含め数多くのヘビースモーカーを禁煙へ導いた実績

離煙パイプは数多くのヘビースモーカーを禁煙へ導いたことで知られている禁煙グッズです。離煙パイプを活用したユーザーの禁煙成功率は89.3%という高い成功率を誇り、実際に禁煙に成功した人の数が47万人という実績も持ちます。

ホームページのイメージタレントにはスポーツキャスターの宮本和知さんが採用され、安心感もバツグンです。離煙パイプを使って禁煙に成功した著名人や芸能人も多く、その成功率の高さは業界でも有名です。

31段階で完全禁煙!特許技術による日本製の禁煙グッズ

離煙パイプは、その名の通りタバコから離れることのできるパイプです。31段階の特許技術を持っていて、埼玉県のエコアクション21を取得した綺麗な工場で製造されている日本製という点も安心できるポイントです。エコアクション21とは、環境省が定めたガイドラインに基づいた制度のことで、その企業が効率的かつ効果的継続的に環境への配慮を行っていることを示しています。

多くの禁煙グッズは使い捨てとなっていて、一見価格が安く思えても実は意外とコストがかかってしまいます。離煙パイプは初期費用こそ少しかかるものの、長期的に見れば実は経済的な製品となっているのです。

基本的に31段階で禁煙をすることができ、それでも足りない人は二度使いが可能なため、追加費用も不要です。完全に禁煙に成功した後で万が一タバコを吸いたくなったとしても、No.31のパイプを使用すれば非喫煙者と同じ離煙状態を維持できるので安心です。喫煙者の気持ちをしっかり理解し、無理なくニコチンを必要としない状態へ導いてくれる製品、それが離煙パイプなのです。

1日3%ずつニコチンを無理なく減らしていける

離煙パイプは独自の特許技術を活用して製造されたパイプを使用して禁煙を図るグッズです。31段階のミクロの穴だけで空気の吸入量を調節するため、なんと香料も薬剤も一切使用されていません

ミクロの穴は1日3%ずつニコチンが減少していく仕組みとなっていて、ストレスを感じることなくタバコを吸いながら禁煙生活を続けていけます。時間をかけて少しずつ確実にニコチン依存症からの脱却ができるため、離脱症状も少なめとなっています。

製品には禁煙をサポートしてくれるプログラム読本の「生涯の離煙に向けて」の冊子や「あなたは必ずタバコがやめられる。離煙パイプ成功への道」といったパンフレットが付いていて、禁煙へのモチベーションを適切に維持することができます。本当に禁煙を目指すのであれば、離煙パイプを選んでおけば間違いはないでしょう。

離煙パイプを利用した方のの口コミ・評判を集めてみました!

ニコチンの摂取を無理なく減らすことができる

離煙パイプ終了し、禁煙5日目です。初めは半信半疑で買い、始めてみました。番号3までは物足りなくて、普通に吸いたくて仕方ありませんでした。4からは、パイプを付けて吸わないとって認識になり、普通に吸いたいって気持ちはなくなりました。段々煙も少なくなり、吸ってるんだか吸ってないんだか分からないくらいに…アゴが少し疲れて来ました…
20何番から、別に吸わなくてもってなりましたが、もったいないので最後まで使い、終了しました。
10何番からは、吸う回数も減り20何番からは、1日5本吸うかくらいになり、傍で吸ってる人がいても吸いたい気持ちにさえならなくなりました。
離煙パイプをやめ禁煙して5日ですが、吸いたい気持ちはありません。
長い間吸ってきたので、なんだか少し寂しい気持ちでした。3日目までは…変な気持ちと言うか…
仕事の休憩時間も、食事の後も、起きた後の一服がなくなったので、暇になりましたね(笑)
まず、離煙パイプを付けないと吸ってはいけないと言う認識しないと無理です。何日間の我慢を乗り越えられる人だけが、成功すると思います。
認識をし、パイプ付けて吸う事が当たり前になり、パイプ付けて吸う事が面倒くさくなり、吸わなくても同じってなり、吸わなくても平気になってきて、辞められる。
試す価値はあると、思います。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

→禁煙グッズ等を試してみたものの味気なさにイライラが募っていき結果禁煙に失敗してしまったという方も多いことでしょう。離煙パイプの優れている点はニコチンの摂取量が31段階にも分けられている点にあります。

段階的にごく少量のペースで違和感を抱く事無くニコチンの摂取量を減らすことが可能なため、今まで禁煙対策に失敗してきたような方であっても高い確率で禁煙を成功させることができます。無理にストレスを感じる事無く禁煙を成功させたい考えの方には離煙パイプは非常におすすめができます。

喫煙しても禁煙状態をキープ

本気で禁煙する気持ちを持って使用すれば、確実に成功すると思います。31番まで到達すればニコチン依存からは解消されている状態となります。その上、31番のパイプで喫煙しても実際、空気しか吸っていない状態となり「アホくさ、ヤーメた」となりました。その後は今までのタバコと共に歩んできた生活習慣、精神依存との闘いとなります。急に禁煙したのでは無く、離煙パイプで一ヶ月(私は二度使いが必要だったので41日)じっくりとニコチン依存を解消した結果、イライラ等の弊害も少なく無理なく禁煙生活が進んで行きます。禁煙3ヶ月目に突入しました。禁煙への最初の突破口としてはかなり良い商品だと実感しました。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

→いざ禁煙に取り組んでみたもののタバコを吸いたい欲求やイライラに勝てず、どうしても吸いたくなってしまうことはよくあることです。喫煙の欲求に負けそうになる状況を迎えたとしても離煙パイプであれば安心です。

最もニコチンの濃度が薄い31番であれば、仮に吸引してしまったとしても非喫煙者と同じ状態を保つことが出来ます。
口が寂しいという理由で反射的に煙草を吸ったしまった場合でも禁煙状態が保ててしまうのが離煙パイプの大きな魅力です。