Skip to content

eVita
(エビータ)

電子タバコのランキング第3位は、eVita(エビータ)です。ネットを中心にじわじわと知名度が上がってきている電子タバコの1つで、「節煙のために活用できる」と評判です。

ニコチンやタールなどの有害成分の代わりにビタミンなどの成分が含まれていることから、体にいいと勘違いをしている人も多いですが、実際は必ずしもそうであるとは限りません。

安価で手軽に始められる電子タバコであるため、初めて電子タバコを使用するという人にぴったりの製品です。電子タバコはタバコの葉を原料とする製品ではありませんが、日本の路上で使用できるかどうかは自治体によるため使用時には注意が必要です。

 

最近流行の「ビタミン入り電子タバコ」の1つ

eVita(エビータ)は楽天市場で上位にランクインする電子タバコです。YouTubeなどの動画サイトには紹介動画がいくつか上がっていて、それほど大規模な広告展開はされていないものの、知っている人は知っている人気の高い電子タバコです。

リキッドにはニコチンやタールが含まれておらず、健康面への影響は通常のタバコより軽減されています。最近流行りの「ビタミン入り電子タバコ」の1つであり、ビタミンはもちろん健康にいい成分として知られているコエンザイムなども成分に含まれています。フレーバーは全部で9種類用意されていて、好みに応じて使い分けることができます。

単価が安くリキッド交換やメンテナンスも不要

eVitaの1番の魅力は、電子タバコの中でも単価が安い製品に分類されることです。通販サイトなら1本あたり660円(税込)で購入でき、この1本で約500回程度は吸うことができます。

毎日使ってもかなり長持ちするので、コストパフォーマンスは通常のタバコよりいいかもしれません。使い捨てタイプであるため、電子タバコ特有のリキッド交換やメンテナンスの手間は不要です。副流煙が発生しないので周囲への配慮もできると評判です。

禁煙の薬に対するアレルギーがある人も使えるため、タバコを我慢している際の口の寂しさを紛らわせるのには効果的です。

体にいいという根拠はない

eVitaを知っている人や少し調べてみた人であれば「eVitaは体にいい電子タバコである」というイメージを持った人も少なくないはず。しかし、よくよく考えてみると、本当にそうなのでしょうか。

確かにタバコに含まれる有害成分の代わりにコラーゲンやコエンザイムという体に良さそうな成分が入っています。ただし、電子タバコの蒸気を吸引することでその成分を吸引できたり摂取できたりするという科学的根拠は示されていないのです。つまりeVitaは必ずしも体にいい製品であるとは限らないのです。

有害であるかについては有識者の間でも意見が分かれ、イギリスなどでは「通常のタバコより95%健康被害が少ない」と言われていますが、実際のところはどうなのでしょうね

口の寂しさは紛れるものの禁煙に対してそれほど役立つツールではないため、あくまで節煙の目的で使用するのがおすすめです。

eVita(エビータ)を利用した方のの口コミ・評判を集めてみました!

一度の使用で500回も吸引できる!

1,000円未満なのに激安で味も煙もよかった。ビタミンの電子タバコなら上位に入る良さ!まぁフレーバーの種類は少ないけどそれでお値段が抑えられていると思えばしょうがないかな~。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

→フレーバータイプの禁煙グッズの大きな魅力のひとつは、口コミの投稿者の方が触れているように低価格にあります。基本的にどのフレーバータイプの禁煙グッズも一度の使用で何度も吸引することを可能にしていますが、eVita(エビータ)は500回もの吸引を可能としているため非常にお得かつ便利です。

500回も吸引できるのであれば数日どころか数週間単位でも吸い続けられるため、面倒な手間を何度も味わいたくないという方には非常におすすめができます。

ニコチンの摂取量は減らすことができる

タバコの量を減らしたく購入。
昔はやったパイポのような感じです。
タバコの代わりとは言い難いですが、口寂しい時や気分転換に良いです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

→口コミの投稿者の方の意見にあるようにフレーバータイプの禁煙グッズは、根本的にニコチン等の摂取に対する依存度を低下させていくような商品ではないため、あくまで煙草の代わりに吸うことでニコチンの摂取量を減らしたり、金銭的な負担を減らすことができるもの、という程度に認識を留めておくのが良いかと思います。

そのため、本格的に禁煙を検討されている方であればニコチンに対する依存を根本的に改善するようなグッズを購入した方が良いかもしれません。