禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめランキング形式で紹介!

自力で禁煙をするコツとは?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/16

タバコは中毒性があるため中々止めることができません。実際に、何度か禁煙を試みてもうまくいかないこともあります。ですが実際に自力でうまくいっている人もいます。

では、どのようにしたら自力で禁煙をすることができるのでしょうか。禁煙方法・禁煙グッズの利用の仕方やコツなどを見ていきましょう。

まずは何も使わないでやってみる

これから禁煙をするならば、最初の1日が勝負になります。正確に言えば3日間が勝負なのですが、大抵の人は1日と持たないためまず1日乗り切ることからスタートしましょう。まず禁煙グッズなどを使わずにスタートすることから考えてみます。基本的に、あまりお金をかけなくても禁煙をすることは難しくありません。

その方法は、ガムを噛むことです。ガムといっても、禁煙専用のものではなく市販で販売されている100円から150円位のものになります。これらを噛む効果は、口の中の寂しさをなくしていくことです。

実際にこれだけで成功した人も少なくありません。ガムは、常に2つ分ぐらい購入しておきましょう。1つの中に6個から8個ぐらい入っているかもしれませんが最初のうちは1箱位すぐになくなってしまいます。ガムの購入金額がタバコ1箱の値段を超えてしまうかもしれませんが禁煙はお金の問題ではなく実際に結果が出れば問題ないと考えるべきでしょう。いつまでも、それだけの量のガムを食べ続けるわけではありません。

タバコ型の禁煙グッズを利用してみる

タバコをやめる場合には、昔からタバコの形を模した禁煙グッズがあります。パイポと呼ばれるものを口に加えることで、あたかもタバコを吸っているような感覚になるでしょう。

このやり方は、煙が出るか出ないかの違いだけでありほとんどタバコを吸っているのとは変わりません。この方法で最初の1日ないしは3日間乗り切ることができたならばあとはパイポを止めることが必要になります。

そちらのほうの中毒になってしまっては意味がないからです。もちろん、タバコを吸うよりも良いかもしれませんが、今度はパイポを止めるための手段を考えなければならなくなります。

可能な限り好きなものをたくさん食べる

禁煙には、2つの大きな壁があります。

1つは、タバコのニコチンそのものの中毒性です。これらは、ニコチンパッチなどを貼ることで効果を発揮することがあります。ですが、医療用のものを使わずに挑戦するならば、あえて毒素を体から抜くようにニコチン自体を全く入れない方法が良いです。

もう一つは、口にタバコをくわえる習慣になります。よく、タバコをやめた人は口が寂しいと言うことがあります。あれは、今までタバコを吸い続けてタバコをくわえ続けた弊害と言えるでしょう。

そこで、口の寂しさを紛らわすために飲み物や食べ物を積極的に食べると良いでしょう。タバコをやめて体重が増えてしまった人もいますが、これは口の寂しさを紛らわすためにたくさん食べ物を食べた結果です。

あと、実際に体験するとわかりますが、タバコを呼び捨てからしばらく時間をおくと食べ物が美味しく感じるようになります。その結果、たくさん食べてしまい体重が10キロぐらい増えることもあります。ただ、体重に関しては心配いりません。なぜなら、あとでダイエットをすれば良いからです。

 

タバコをやめる場合には、禁煙グッズなどもありますがあえて医療用のものは使わずに自力で治す方法を考えると、まず普通に売っているガムなどが役に立ちます。次に、パイポと呼ばれるタバコの形を模したものを口に加えると良いでしょう。

そして最後に、食べ物をたくさん食べることです。これは無理して食べる必要はありませんが、少なくとも口が寂しいと感じる瞬間に食事をすることで、口の寂しさを紛らわし少しずつニコチンを抜いていくことが可能になります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
おすすめの禁煙方法・禁煙グッズランキング!
第1位 離煙パイプ
第3位 二コレット
二コレットの画像
記事一覧