禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめランキング形式で紹介!

時間をかけてゆっくり禁煙をしよう

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/08/02

ダイエットと禁煙は案外似ており、どちらも我慢が必要なうえ、急いで結果を求めれば大抵失敗します。

急激なダイエットは最初こそ面白いように体重も落ちますが、停滞期に入ればその減りはピタリと止まり、食事量を戻せば待っているのがリバウンドです。

禁煙の失敗にも類似性がありますから、決して焦らずゆっくりおこないましょう

時間をたっぷりかけて本数を減らすのが得策

早く禁煙を達成したいという気持ちが強ければ、どうしても無理をしてしまいがちです。しかし無理な行動は目標の達成を早めるどころか、禁煙の成功を妨げる障害にもなりかねません。そのためタバコを真剣にやめたいときは、むしろのんびり構えたほうが上策だと言えます。

一般的に1年間に1本もタバコを吸わない日が連続すれば、その後の禁煙継続率はとても高いとされているのです。そのため禁煙の取り組み期間も1年間など、長いスパンを考えてみてはどうでしょうか。そもそも禁煙を挫折する要因には、吸いたいという欲求を我慢する辛さや、離脱症状の苦しみに耐えられない、というのがあります。ですからそれらを生じさせないためにも、禁煙のスタート当初は毎日タバコを吸っても良いと思います。何だったらこれまでと同じペースで吸い続けても、とくに問題ないと考えます。それでは禁煙になりませんが、禁煙を始めたという自覚が芽生えれば大きな前進ですので、まずは満足すべき結果と言えるでしょう。

その後、もしも毎日20本吸っていたのなら、18日後には1本減らして1日19本にすれば、とりあえず順調なスタートです。後は18日ごとに1本減らし続ければ、開始から360日後には0本となり、概ね1年間で禁煙が完成する計算です。

ちょっとした工夫が禁煙効率をアップ

ゆるやかなペースで禁煙するメリットは、心と体を慣らしながらタバコをやめられるため、離脱症状なども通常より抑えられることです。少なくとも最初の18日間はこれまでと変わらないペースで吸う訳ですから、何らかの症状に苦しめられることはないでしょう。

ただしその際は、できればタバコの吸い方に工夫もしておきたいところです。例えば、煙を肺に思いっきり吸い込むのではなく、口の中で味わう程度など、ニコチンを減らすように吸うのも悪くありません。

また、丸々1本吸うのではなく、8分目までで火を消したりするのも良いでしょう。これなら毎日20本吸っても、まるで禁煙していないことにはなりませんから、創意工夫を織り交ぜてタバコの量を減らすのがカギです。

使える禁煙グッズはどんどん利用しよう

創意工夫といえば、その宝庫である禁煙方法・禁煙グッズの情報サイトから、ヒントを得るのもおすすめです。そこには数々の禁煙スタイルや、禁煙のサポートグッズが案内されているので、何かと参考になります。

また、18日サイクルでタバコを減らすほか、途中から禁煙グッズに切り替えて、今度はその禁煙グッズの使用頻度を徐々に下げていくのも名案です。時間をかける禁煙方法ならさまざまな方法をトライできますから、最終的に禁煙が成功すればOK、という感じで心に余裕を持って取り組んでみてはどうでしょうか。

ちなみに、ダイエットで停滞期に突入するのは、体重の5%がひと月で落ちたタイミングだと言われています。つまり、体重が50キロの人だとひと月に痩せられる上限は2.5キロのため、停滞期を回避するには予想以上にスローペースで痩せる必要があるのです。なので、禁煙もスローペースで取り組むことが、最終的に成功へとつなげやすいと言えるでしょう。

 

急いてはことを仕損じるということわざもあるように、禁煙もダイエットと同様、焦っておこなうと失敗しやすいと言えます。そのため、本気で禁煙したい場合ほど、腰を据えてじっくり取り組むのが良いでしょう。そのことで、禁煙の失敗原因でもある我慢する辛さや、離脱症状の苦しさなども抑えられるようになります。

そして、禁煙方法・禁煙グッズのサイトには有益情報も数々見られるため、そちらも参考にして、使えるグッズは積極的に取り入れるのがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの禁煙方法・禁煙グッズランキング!
第1位 離煙パイプ
第3位 二コレット
二コレットの画像
記事一覧