禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめランキング形式で紹介!

1年以上禁煙していても吸いたくなることはある?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/03

日常的にタバコを吸う習慣がある方でも、ふとしたきっかけで禁煙を決意することもあります。数か月や1年以上禁煙ができた場合には、その後、タバコを吸いたくならないのか疑問を感じる方のために禁煙後、吸いたくなるのかをチェックしていきましょう。

お酒の席など周囲で吸っていると吸いたくなる

禁煙をするという場合には、自宅や職場、飲みの席など今まで食後や休憩時に当たり前のようにタバコを吸っている習慣を一切やめることになります。

最初は、口元が寂しく感じたりつい習慣でタバコに手が伸びてしまう衝動にかられる場合もありますが、自分なりの対策や人によっては医療機関など専門家の力を借りながら、うまく禁煙を継続していくことが大切です。

また、1年以上、成功すればその後は安心かというとそうではありません。油断していると、ちょっとした気の緩みからタバコを吸ってしまうケースも少なくありません。特に注意したいのは周囲がタバコを吸っている環境下にいる場合です。

飲みの席では飲食を楽しみながら、タバコを吸う方もいます。その中にいれば、つい自分も吸いたいと思ってしまいそこで挫折してしまう可能性もあるためできるだけそのような場に参加しないか、タバコを吸う方からは少し席を離れてみるなど対策をすることも必要です。

一人で過ごしているときに吸いたくなる

家族と暮らしているなど、他の人と共に生活をしている場合にはあまり人恋しい、寂しく感じることはありません。しかし、一人暮らしなどの場合には、自分以外には人がいないためつい自分に対して甘えがでてしまうこともあります。

誰も見ていない、しゃべる相手がいないなどの理由からタバコを吸ってしまう場合もあるでしょう。禁煙を成功させるには、精神面の安定なども大切です。一人で過ごすことが多い場合でも、しっかりと自制をすることやときには寂しさを感じないために、積極的に外出し友人たちと遊ぶなど他の人と交流してみることなども対策につながります。

1年以上吸っていないことで、自分はもう大丈夫だと過信せずに常に禁煙を意識することが大切です。また、タバコ以外のものに興味を持って趣味を楽しむなどストレスの軽減をするなどの対策も重要だといえます。

禁煙対策グッズを利用してみるのも有効な手段

禁煙対策のためのグッズなども市販されているため、試してみるのも有効な手段です。自分一人の力で対処しようとしても、なかなかうまくいくものではありません。ときには友人などを頼ってみることや医療機関などでカウンセリングを受けるなどの方法もあります。

対策グッズなども、それぞれ特徴などもあるため、自分に合ったグッズを選ぶことも必要です。金額的な面だけでなく、自分の性格的に合うグッズを選ぶようにしましょう。禁煙するきっかけとして、健康面を考慮する方もいます。

加齢に伴い徐々に健康を意識し始めると生活習慣などの改善も大切ですが、タバコなどを吸う習慣がある方は、まずはそのタバコを止めることから始めてみるのも一つの方法です。

 

禁煙をする場合、うまく短期間の間は止められる可能性はあります。しかし、1年以上経った後でやっぱり吸ってしまったと後悔する方もいます。成功させるには、気を緩めずにある程度の年月が過ぎても常にタバコに対して意識を持ち吸わないことが大切です。

また、つい吸いたくなってしまうような状況は避けるために、周囲でタバコを吸っている人に近づかないようにすることや飲みの席などの場でも、タバコを吸う人からは離れた位置に座るなどの対策は心がけていきましょう。

ストレスが溜まりやすい環境や人恋しい、寂しいと感じるような環境下では、タバコを吸いたい衝動にかられることもあります。そのような環境を作らないようにすることも対策につながります。自分なりの対策や市販されている対策グッズなども利用して成功させましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの禁煙方法・禁煙グッズランキング!
第1位 離煙パイプ
第3位 二コレット
二コレットの画像
記事一覧