Skip to content

自力で禁煙する方法と禁煙外来に通って禁煙する方法の違いとは?

タバコは吸っている本人だけではなく、その煙が周囲の人の健康にも影響があると言われています。

さらに煙や臭いの問題もあり、最近はどこに行っても禁煙席が用意されています。

そこで禁煙に挑戦する人も増えていますが、その方法も自分で行う人もあれば禁煙外来に通って治療を受けている人もいます。

ここからは自分で禁煙する方法と禁煙外来の違いについて書いていきます。

 

市販のグッズや書籍などを活用しての禁煙

タバコは健康に良くないとわかっていながらも、長期に喫煙している人はピタリとやめるのは難しいものがあります。

そこで、まずは本数を減らすことから始める人も多くなっています。

自分で行う禁煙方法としては、まずは市販のグッズを活用するということがあげられます。

タバコがやめられない原因のひとつにはニコチンが切れたときのイライラなどつらい症状が出ることがあげられます。

禁煙グッズにも色々な種類がありますが、ニコチン切れのつらい症状を和らげるのにはニコチンが少量入ったガムや体に貼り付けるパッチが役立ちます。

タバコを吸うことなくニコチン切れの症状を和らげることができるので、タバコの本数を減らすのに役立つとされています。

それから、タバコがやめられない原因は吸うことが習慣となっており、吸わないと口寂しいということもあげられます。

その場合であれば電子タバコや禁煙パイプなどの商品をタバコの代わりとして活用するという方法もあります。

このほかの自分でできる禁煙方法としては書籍などを参考に精神面を管理するという方法も注目されており、リスクがほとんどないことも人気の理由です。

 

医療機関での禁煙治療はどのように行われるのか

自己流の方法で禁煙ができた、本数をかなり減らすことができたという人もあれば、途中で挫折してしまう人もまた少なくありません。

努力してもタバコがやめられないという人は医療機関での禁煙治療も検討してみましょう。

禁煙外来では禁煙補助薬を使って、治療を進めていくことが一般的です。

禁煙外来でも、薬局などで購入できるニコチンガムやパッチが処方されることもありますし、より本格的に禁煙を進めていくのであれば処方薬での治療を選ぶこととなります。

禁煙補助薬はニコチンを使わずにニコチン切れのつらい症状を和らげることができ、さらにタバコを吸ってしまった場合も以前より美味しく感じなくなると言われています。

医療機関での治療は費用が高いのではという考える人もあるかもしれませんが、保険適用で治療を受けることができれば費用を抑えて治療を続けることができます。

医師のアドバイスが受けられること、健康チェックも行いながら治療を進めていけるのも医療機関を選ぶメリットと言えるでしょう。

 

自分に合った方法で禁煙を成功させる

自分で行う禁煙方法と、禁煙外来で行う禁煙方法との大きな違いは、禁煙補助薬が使える、使えないということがあげられます。

一時的にニコチン切れの症状を緩和するガムなどは薬局でも購入することができますが、禁煙補助薬は薬局では購入できず、医療機関での処方となります。

そして医師の診察やアドバイスが受けらえるか、受けられないかということも自己流の禁煙と治療の違いです。

そして禁煙治療は期間が決まっていますが、自己流の場合は特に期間はなくマイペースで続けていくことができます。

どちらが合っているかは人それぞれ違いがありますので、自分に合った方法で禁煙を成功させていきましょう。

 

禁煙の方法には、自己流で行う方法と禁煙治療を受けるという方法があります。

自己流の場合は禁煙グッズなどを使いマイペースで始めていくことになりますが、医療機関では禁煙補助薬が処方されプログラムに従い治療を進めていくことになります。

医師のサポートが受けられるというのも自己流の禁煙との大きな違いです。

合う方法は人それぞれ違いがありますので、自分に合う方法を見つけていきましょう。