禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめランキング形式で紹介!

運動は禁煙にも効果的?

公開日:2019/05/01  

健康被害もあり金銭面での負担も増しているなど、タバコは百害あって一利なしという言葉がぴったりの存在となっています。

喫煙者本人だけではなく、周りの人にも被害が及ぶことから、喫煙者に対する世間の目も年々厳しいものになっていて、形見が狭い思いをしている人も少なくはないのではないでしょうか。

増税も今後更にされることは明らかであり、機会があれば禁煙したいと考える人も多いです。

しかしニコチンには依存性があるので、禁煙しようとしてもなかなか上手くいかず、挫折してしまうケースが大半です。

様々な禁煙グッズや禁煙方法がありますが、その中の一つに運動するという方法もあります。

 

運動をすることによる禁煙効果について

身体を動かしている時やその後には、タバコを吸いたいという強い気持ちや、ニコチンによる禁断症状であるイラつきや手の震えが減るという効果があります。

次にタバコを吸いたくなるまでの時間も延びるなど、身体を動かすことによる禁煙効果は少なくはありません。

どの程度の運動が必要なのかは、まだはっきりとはしておらず個人差も大きいので一概にどの程度と言い切ることはできませんが、身体を動かすことによって悪いことはないので、できる範囲内で身体を動かしてみるべきです。

ダイエットをしたり筋力をアップさせながらタバコもやめることができるとなれば、一石二鳥となるのではないでしょうか。

 

運動で禁煙をするメリットについて

運動をすることにより気がまぎれてタバコに意識がいかなくなるだけではなく、よく世間で言われがちな、禁煙をして太ったと言われないようにするためにも効果的です。

健康になるための手助けの一つにもなり、禁煙と運動を合わせればなおさら健康的になることは間違いないのではないでしょうか。

運動といってもジムに通ったりハードなスポーツをする必要はなく、ランニングやウォーキングなど軽く身体を動かすだけでも良いので、金銭面で不安になってしまうこともありません。

タバコをやめることで無駄な出費を減らし、お金を使わない身体を軽く動かすということを習慣にすれば、お金も貯まっていくという魅力があります。

 

運動する際に注意すべきポイントとは

運動を始める前に最後の一本という気持ちでタバコを吸う人もいますが、身体を動かす前の喫煙は危険なのでやめるべきです。

喫煙することで、ニコチンを介し交感神経系が刺激されるので、血圧や心拍数が上昇したり、酸素摂取量が減少します。

身体を動かすのに不利になるだけではなく、狭心症や心筋梗塞といった病がある人がタバコを吸った後に身体を動かすことによって、発作が出現するまでの時間が短縮してしまい、身体を動かすことに対して耐えられる能力が低下してしまう恐れもあります。

タバコは百害あって一利なしであり、身体を動かしたいという人にとってもリスクが大きいことは間違いありません。

身体を動かす前はもちろん、後にも吸わないようにしておくべきです。

 

なぜ運動が禁煙に効果があるのかというはっきりとした理由はわかっていませんが、身体を動かすことによりストレス解消につながったり、健康体に近づけることができるので、自然とタバコを吸いたくなくなったり、気がまぎれることは確かといえます。

当然のことですが、身体を動かしている最中にはタバコを吸うことはできないので、ウォーキングやランニングを習慣化すれば、タバコを吸う時間も機会も減ることになります。

暇なタイミングや食後にはタバコが吸いたくなるという人が多いですが、それは手持ち無沙汰になったり口寂しくなってしまい、ついクセで吸ってしまうということも多いです。

ニコチンによる依存性から吸いたくなるばかりではないので、身体を動かして気を紛らわしてみるというのは、実践してみるべきではないでしょうか。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの禁煙方法・禁煙グッズランキング!
第1位 離煙パイプ
第3位 二コレット
二コレットの画像
記事一覧