禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめ形式で紹介!

禁煙外来?自力?禁煙方法を知って自分に合った禁煙を見つけよう!

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/10

ヘビースモーカーだった人がタバコをキッパリ止めることができるのか、自力で止めた人もいれば、専門となる病院で治療を進める人までさまざまです。自力でも電子タバコやガム、パッチなどのさまざまなグッズを選ぶことで成功する話もあり、実際にはどちらが合っているのでしょうか。

病気だという認識で臨んでみよう

成功率が高くとも、禁煙に臨むのは自分自身ですから、意志の強さによるところもあるはずです。禁煙外来と自力での方法がありますが、自分に合った方法にて臨むことにより、成功する可能性は格段に高くなるでしょう。

そもそも、禁煙がうまくいかない理由としては「ニコチン依存症」という病気が関係しているからです。ストレスによって本数が減るより増えてしまうことも少なからずあるようですが、これはニコチン依存症という病気がそうさせてしまうようです。

ヘビースモーカーであれば「ニコチン中毒」という禁断症状が出てくることもあるといいます。病気はやはり専門家に相談するのがおすすめできます。禁煙外来では禁煙補助薬を使って治療をおこなうので、安心感もあるようです。

禁煙補助薬の特徴は、ニコチンを使わずに症状を和らげることができる点で、万が一、吸ってしまった場合も味覚変化により、美味しく感じなくなり、禁煙の成功率は高まるようです。医療機関での治療ですから、治療費の問題も浮上してくるでしょうが、保険適用での治療も受けることができます。

本数を減らすことを意識してみる

万が一、タバコを吸ってしまっても、ムダやダメだったと落ち込んだりせず、さまざまな方法を試してみましょう。特に、自力で試していくうちにタバコの本数を減らすことができ、うまくいくケースも実際にあります。長らく喫煙している人にとっては、ピタッと止めることが難しいものです。

また、仕事をしている人にとっては、集中力が散漫になるときがあり、タバコを吸うと落ち着きを取り戻すことから、減らすだけで十分だと考えるケースもあるでしょう。そうした場合には、吸いながら禁煙を目指せるのは自力という方法ではないでしょうか。たとえヘビースモーカーであっても、減らすことを最初の目的に掲げておけばイライラすることもありません。

まずは自己流から進めて経過を見る

禁煙外来と自力での禁煙方法との違いは、禁煙補助薬が使えるか否かという点です。一時的にニコチン切れという症状が現れるなら、緩和できるガムなども薬局から購入することができます。禁煙グッズもたくさん提供されています。

しかし、医師の診察やアドバイスを受けたいのならば、禁煙外来を選びましょう。このときのポイントは、治療期間を決めて取り組むかどうかです。自分次第となる場合には、マイペースに進めることもできますが、禁煙外来では期間は12週間で、診察回数は原則5回となっています。

このペースが合っているかは人それぞれ違いがあります。自力という方法で臨んでも失敗を繰り返してしまっているのであれば、自分に合っていない可能性も否定はできません。ですから、そのようなときには禁煙外来の利用をおすすめします。

 

外来と自力による方法が一般的に知られていますが、自分にはどちらの方法が合っているのか、まずはそこを知ることが大切です。自力でも段階的に目標を達成することで成功することも可能ですし、マイペースでゆっくり負担をかけずに臨むことができることも特徴です。

禁煙グッズも手軽に手に入ることもあり、中毒症状が軽い人には自己流となる方法でも有効性はあるようです。禁煙外来は重症化している人にとっておすすめの方法です。医師からのアドバイスももらいながら、適した方法で進めることができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧