Skip to content

自力で禁煙をする方法

自力で禁煙をする方法

喫煙者は、今、肩身の狭さを感じているはずです。
周りに配慮する環境が広がり始めています。
もちろん、タバコは身体への害にもなります。
どのようにすれば禁煙が成功するのか、自力でチャレンジするにしても、適した方法があるので、まずは方法を確認してみましょう。

 

周りには煙で害を及ぼしていることも知って欲しい

もちろん、女性の喫煙者も少なくはないでしょうか?
喫煙所を陣取っているのは男性で、個人的にはサラリーマンのストレス解消ツールといったイメージです。
今、タバコに代わる禁煙ツールとして、電子タバコや加熱式タバコも市販されています。
実際のところ禁煙に役立っているのでしょうか。
ただ手持ち無沙汰でタバコを吸っているならば、それはそれで役立つでしょう。
禁煙しなければならない、そう分かっているのに吸い続けているなら、喫煙者が意識して欲しいのは、本人の身体はもちろん、副流煙ではないでしょうか。
周りの人にも迷惑が及びます。
生活習慣の改善とモラル、この2段構えがポイントでしょう。

 

最初の第一歩に使える喫煙ツールもある

他力本願という言葉があるように、依存性の強いタバコは簡単にはやめられないもの、だから専門医にサポートしてもらうケースも少なくないようです。
そのため、禁煙成功率も約5割と割高です。
全ての喫煙者に当てはまるワケではありませんが、タバコがなくなれば、日本人男性のがんの約3割を予防できるそうです。
がんになるリスクは減少しますが、ゼロにはならないので、早期治療が大事になります。
日本がんセンターのデータによれば、電子タバコは我慢よりも4割禁煙しにくくなるようです。

〇その理由として
タバコの葉を原料としていて、ニコチンが含まれているからで、どちらにしてもタバコに変わりはないのです。
今は、ニコチン0であったり、様々なフレーバーから選んで吸い込むことができる製品も増えています。
やはり手持ち無沙汰、口寂しさなどの目的にこそ、本領発揮する禁煙ツールなのではないでしょうか。
もちろん、本数を減らすにはもってこいのツールですから、慣らしには最適でしょう。

 

ストレスをまずは和らげることが大切

自力で禁煙したい、立派な行動ですし、誰もが応援するでしょう。
タバコの価格も上がり、若者もなかなか手が出にくくなり、喫煙者の数は減少傾向です。
ですが、価格高騰する以前から吸い続けているのは40代から上の世代、ニコチン依存症ともなれば、ちょっとやそっとの気合だけではなんともならない可能性が大きいようです。
自力で喫煙したい、我慢するだけの禁煙はストレスを増幅させるだけです。
今は、科学的根拠に基づいた禁煙グッズが手軽に手に入ります。
★まずは、タバコから抜け出すストレスを軽減させることがポイントです。
例えば、タバコを吸いながらなら、ある程度ストレスも掛からないはずです。
段階的に禁煙ができる禁煙パイプが成功へと導くでしょう。
★ニコチン依存であるなら、タバコをガムへと置き換えましょう。
ストレスは掛かりません、ガムなら周りにも迷惑を掛けません。
禁煙外来でも導入されている療法で、ニコチン離脱症状も軽くします。
★自力という考え方であるならば、生活習慣から変えることができる最も適した禁煙ツールでしょう。
徐々にニコチンの摂取量を少なくしていくので、依存関係を断ち切ることも期待できそうです。
★手軽な価格ではなく、あえて高額な禁煙ツールを購入することもポイントではないでしょうか。
いつでも簡単にチャレンジできる利点はあるでしょうが、失敗しても大損していない錯覚に陥る可能性は否定できないでしょう。
本気度を価格で現すのも、成功への近道になるのではないでしょうか。

〇まとめ
自力で禁煙したいなら、まずは、禁煙の難しさを知ることが大切です。
ストレスは特に膨らみがちで、そのため、諦めてしまいがちです。
自力で始めるならば、喫煙ツールの金額に出し惜しみはしないこと、この方法を念頭に入れながら改善させることが成功率を高めます。