Skip to content

病院に行くと禁煙は治る?

タバコを吸うのは健康には良くないことで、病気の原因にもなりやすいとされています。医療機関でも色々対応してくれるようになり、薬などによってタバコを辞めるためのプログラムもあります。これで辞められるかどうか確認してみましょう。

 

 

 

タバコを吸いたくなくなる薬が処方される

タバコを普段吸う人は、しばらく吸っていない状態だと禁断症状が出てきて、タバコを吸うことでそれを無くすことができます。一方タバコを吸わない人は吸わなくても何も感じず、むしろ近くでタバコを吸われると非常に嫌な気分になります。そのことからも、タバコはある人には非常にいい物で、別の人には非常に嫌なものになると言えるでしょう。
そこで、もしタバコを吸っている人がタバコが嫌になれば禁煙は可能になるかもしれないということで、現在病院の外来にはタバコを辞められるコースが用意されています。条件に該当すれば健康保険も適用されるので、安く治療が受けられると思います。この時、外来コースではタバコが吸いたくなくなる薬が処方されます。タバコを吸うと気持ちが悪くなる成分が入っているので、薬の効果が効いているときにタバコを吸おうとすると気分が悪くなります。その気分の悪さが体に残るので、タバコを吸わないようになります。すべての人に処方されるわけではありませんが、喫煙習慣がひどくてどうしても辞めたい場合などは、辞められる可能性は非常に高くなるでしょう。

タバコを吸わないメリットなどを教えてもらえる

タバコのパッケージの横には、タバコをすると健康を害する恐れがあると書かれています。外国のタバコではどくろのマークなども書かれているようです。世界的にもタバコが体にいいとする意見は少なく、タバコのコマーシャルなどを制限しているところも多いです。タバコを吸っている人自身も健康に良くないことは知っているようですが、吸ったらどれくらい悪くなるのか、辞めるとどれくらい健康になるのかが分からない人もいるでしょう
病院における禁煙の治療では、最初は問診などを受けることになります。そして初歩的な治療として健康のための教育が設けられます。タバコにどんな害があるかなどを実際の病気の例などを挙げ、そして辞めたとしたらどう改善されるかなど、詳細に話してもらえます。吸うことのリスクを知り、吸わないことでどれくらいリスクが軽減できるかが理解できればそのまま辞める人もいるでしょう。また、通院をすると何度も医師がタバコの問題点を伝えてくれます。

それなりに努力をしないといけない

タバコを吸うことは体に良くないことだと自覚していて禁煙したいと考えている人も多くいます。そのような人達のためにもタバコを辞めるためのグッズや方法などもあり、有名人などが実際に行った方法などを記した本なども出版されています。さらに病院にも外来が設けられていて、保険適用での治療が受けられるときもあります。喫煙は体に非常に悪く、辞めるためなら医療機関もいろいろ協力してくれる仕組みが整っていると言えるでしょう。
では、いざ治療を受けたらそれ以降吸わなくなれるかと問われると、すべての人が辞められるわけではありません。残念ながら一定の治療プログラムを受けた後に再び吸い始めてしまう人も中にはいます。薬を飲むと確かにその効き目があるときは吸わなくなりますが、効き目がなくなればタバコも通常通りの味になります。薬による嫌悪感もなくなるので、吸うのに抵抗がなくなります。根本的にタバコが嫌いになるくすりではないので、自分なりに辞めようとする気持ちがそれなりにないと辞めるのは難しいです。治療したから絶対吸わなくなるわけではないので、注意しないといけないでしょう。

 

診断によって薬が処方され、それを飲むとタバコを吸ったときに気分が悪くなるようになります。タバコは嫌なものとの認識を強められれば、次第に辞められる可能性が高いです。しかしそれでも再び吸い始めてしまう人はいるので、自分自身でも強く辞めようとする気持ちを持つ必要があります。