Skip to content

禁煙グッズを使用するとどれくらいから効果が出る?

効果的な禁煙方法として注目される禁煙グッズは、ニコチン依存度が低いほど効果を実感しやすいです。

禁煙のために大切なのは本人の強い意志であり、タバコのデメリットを把握した上で実践する必要があります。

自分に合った禁煙グッズを見つけて効果的に禁煙してください。

 

デメリットしかない喫煙から脱却するために

喫煙には健康被害や金銭的なデメリットがある反面、メリットはひとつもありません。

近年は喫煙者に対する風当たりが強くなっていますので、早めに禁煙するのが好ましいでしょう。

最も確実な方法は禁煙外来に通うことですが、禁煙グッズで十分な効果を得られたという人は少なくないです。

なので、まずは自分に合った専用グッズを使用して、しばらく様子を見てみるのがよいです。

離煙パイプは禁煙外来でも使用されているグッズで、その成功率は89.3%にもなります。

タバコサイズのパイプを毎日交換していくのですが、1日3%ずつニコチンが減っていくわけです。

そうしてニコチンに依存しない体質に変えていき、最終的に完全禁煙させるアイテムです。

31種類のパイプがセットになっているので、うまくいけば1ヶ月で効果を期待できるでしょう。

禁煙に失敗してしまう最大の理由は、ニコチン依存の状態からニコチンゼロにしようと考えるからです。

無理な近道はせずに地道に継続することが禁煙を成功させるコツと言えるでしょう。

 

効果が出るまでの時間には個人差がある

禁煙は段階的に実施することが成功させる秘訣であり、禁煙グッズの多くは数週間や1ヶ月などを成功期間の目安としています。

1ヶ月未満での禁煙を実現したい方は、ヤシ殻活性炭フィルターを使用したカウントダウン24が重宝します。

一般的な禁煙グッズと同様に、少しずつニコチンの摂取量を減らしていく仕組みです。

ヤシ殻活性炭はニコチン・タールなどの有害物質の吸収を抑えて軽減してくれるので、喫煙している感覚を味わいながらニコチン摂取量を減らせるわけです。

計画通りに進めば24日間で禁煙できますが、ヘビースモーカーの方は効果が出るまでに時間を要することがあります。

強いと言われるタバコを普段から吸っている人は、そうでない人よりもニコチン依存の症状が強く出ていることが多いです。

禁煙グッズの効果がどれくらいで出るかについては、タバコへの依存度に左右されます。

比較的タバコ歴が短いならば、1ヶ月以内に禁煙できるケースは少なくありません。

 

電子タバコで禁煙する方法も人気です

最近人気の禁煙方法として注目されているのが電子タバコを使用した方法で、さまざまなフレーバーが用意されているので飽きずに続けることができます。

蒸気が発生する仕組みの電子タバコもあり、本当に喫煙している感覚になれるのが特徴です。

ただしニコチンは含まれていませんから、ニコチン依存を克服するには適していません。

タバコへの依存度が低く、嗜みとして楽しんでいる方におすすめの禁煙グッズです。

電子タバコにはニコチンやタールは含まれていないので、健康被害のリスクはまったくありません。

むしろリフレッシュ・ストレス解消などが期待できるため、利用するメリットのほうが大きいと言えます。

電子タバコで禁煙に成功した方は、比較的短期間で成功しているケースが目立ちます。

もともとタバコへの依存度が低い方が多く、2週間~1ヶ月程度で禁煙できたという話は少なくないです。

 

健康寿命を伸ばすためにも禁煙するメリットは大きく、そのために役立つのが各種禁煙グッズです。

上手に禁煙するコツは自分に合ったグッズを選ぶことで、ベストマッチしたグッズなら1ヶ月程度で禁煙することが可能です。

ニコチンの摂取量を段階的に減らしていく方法が王道であり、無理なく禁煙するコツと言えるでしょう。

当然ながらニコチンへの依存度が低いほど、成功率は高くなるのは間違いありません。