禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめランキング形式で紹介!

禁煙をする意外なデメリットとは?

近年、様々な禁煙方法・禁煙グッズがありますが、どの方法が適しているのかは人により違いもあるので、複数のグッズを試してみるというのも一つの手段です。

禁煙することにより健康面の改善などメリットがありますが、逆に禁煙に対するデメリットはないのか、気になるのではないでしょうか。

ストレスが溜まりやすくなってしまう

禁煙をすることによるデメリットとしてまずあげられるのは、タバコが吸えないことにより感じるストレスです。ニコチンには依存性があるので、タバコを我慢することによりストレスを感じてしまい、精神面で負担に感じることも多いのではないでしょうか。

もちろん禁煙方法・禁煙グッズを使うことである程度は紛らわせることはできますが、タバコを吸っている期間が長い人ほど、簡単には禁煙できないのでストレスも溜まりやすくなってしまいます。ストレスが溜まらないようにするためにも、新たな趣味を見つけたり普段タバコを吸うタイミングに違うことをするようにしましょう。

食後にタバコを吸ってしまうという人は、食後にはガムを噛むようにしたり普段タバコを吸ってしまうお店にはいかないようにするなと、工夫してタバコから遠ざかる生活を心がけることが必須となってきます。

体重が増えてしまう可能性について

タバコを吸っていた人が禁煙することによりおきる悩みの一つに、体重が増加してしまうという点があげられます。普段はタバコを吸うことで時間を費やしていた部分が、手持ち無沙汰になってしまったり口寂しいと感じてしまい、お菓子を食べてしまうケースが多いからです。

もちろんそれだけではなく、タバコを我慢している分甘いものが食べたくなる人も多い傾向にあります。タバコを吸わなければ、食べ物の味がクリアにわかるようになり、食べ物が美味しく感じるというのも、食べ過ぎてしまう理由の一つです。

しかし体重が増えるデメリットは、タバコを辞めたことによる良い効果の現れともいえるのではないでしょうか。本来の正常な味覚を取り戻すことができるので、食べることが楽しくなり食べ過ぎてしまうというケースが多いですが、気をつけることで防ぐことができます。

コミュニケーションの場が減ることもある

喫煙者にとって喫煙所がコミュニケーションを取る場であったり、情報を収集する場所になっていることも多いのではないでしょうか。禁煙することにより当然喫煙所には寄り付かないことになるので、今まで交流があった人との関わりが薄くなってしまったり、情報を集める場がなくなってしまうケースもあります。

しかしこれは、電子タバコを利用するなどし解決できる問題でもあります。喫煙所は喫煙者しか行ってはならないというわけではありませんが、何も吸わないのに足を運ぶのは気がひけるという人が多いです。その際に電子タバコを持っていれば、自然と場に馴染むことができ今まで通りにコミュニケーションの場を設けることができます。

 

禁煙することにより、最初はストレスが溜まってしまったり食べ過ぎてしまい体重が増加するというデメリットがあります。喫煙所を利用する必要がなくなるので、コミュニケーションを取る場がなくなるということが不安という人もいるのではないでしょうか。

しかし、禁煙することによって健康面で良い効果がかなり多いことは明らかであり、禁煙によるデメリットよりもメリットがはるかに多くなっています。悩んだ際には禁煙グッズを利用するなどし、まずは禁煙してみるべきではないでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの禁煙方法・禁煙グッズランキング!
第1位 離煙パイプ
第3位 二コレット
二コレットの画像
記事一覧