Skip to content

禁煙外来に通う際の費用はどれくらいかかる?

本気で禁煙したい方は禁煙外来に通うのが最適ですから、事前に治療費を把握しておきましょう。

タバコ代より治療費のほうが安ければ、外来を利用してでも禁煙するメリットは大きいでしょう。

生涯において健康を維持するためには、タバコをやめることが非常に大切です。

 

医療機関での喫煙治療は健康保険が使えます

何をやっても禁煙に成功できない方への禁煙方法として禁煙外来の利用をおすすめします。

喫煙は自己責任の問題であり、禁煙外来の利用は健康保険の適用外になると思うかもしれませんが、実際は健康保険の適用になります。

タバコは好奇心から始めたという方が多いですが、少しずつ依存症が進行していくわけです。

重度のニコチン依存になると簡単には脱却できず、多くの生活習慣病を引き寄せることになります。

医療機関の外来で治療する場合の費用は、月額15000円~2万円程度と考えてください。

高額な費用と思うかもしれませんが、ひと月のタバコ代と比較すれば安上がりになる方が多いでしょう。

喫煙とは健康を害する行為であり、そのために大金をかけるのは建設的とは言えません。

喫煙される方は禁煙することにお金を使ったほうがずっと有意義であり、健康寿命を伸ばせるメリットが期待できます。

健康は一日で実現するものではなく、毎日の積み重ねが体質・体調を形成しているわけです。

 

治療費の多くを占めているのは薬代です

喫煙治療でかかる費用で大きいのは治療薬の費用で、治療費の3分の2程度を占めています。

月の治療費が2万円ならば、14000円程度は薬代になるわけです。

一般的に禁煙治療の期間は12週間となり、診察回数は原則として5回となります。

治療回数が増えるほどに成功率は高くなるので、12週はやりきることが大切なわけです。

初診でやめてしまうと成功率は数%であり、ほとんどの方は再び喫煙することになります。

禁煙に失敗してしまうと治療費がムダになりますし、再び喫煙するので経済的に大きな損失になります。

禁煙を成功させるためには外来に通うことが大切ですが、絶対に禁煙するという強い意志が必要でしょう。

何事も中途半端な気持ちで始めることが失敗の原因となるので、周囲に禁煙すると宣言しておくと効果的です。

特に中年世代あたりからタバコによる健康被害が顕著になってきますから、本気で禁煙すると決意してください。

 

禁煙外来を利用せずに禁煙するには?

禁煙外来を利用するのはあくまで最終手段であり、それ以前にできることを実践してみるのはありでしょう。

例えば自分で始められる禁煙方法として禁煙グッズの使用があり、離煙パイプや電子タバコの使用は根強い人気があります。

ニコチンの摂取量を少しずつ減らして、体内にニコチンを入れない状態に慣れていくわけです。

タバコには数多くの有害物質が含まれていますが、最も健康被害を招くのはニコチンです。

毛細血管を収縮させるので動脈効果を進行させますし、脳卒中や心筋梗塞・がんのリスクも高くします。

喫煙の害を相殺するためにサプリメントを活用している方がいますが、どのようなサプリを持ってしても相殺できません。

それほどタバコの害は大きなものであり、喫煙者はたくさんのサプリを飲むことよりも禁煙するメリットのほうが大きいわけです。

電子タバコはニコチン含有量がゼロですから、健康を害することはありません。

自分に合った禁煙グッズを使用することが理想的な禁煙方法と言えます。

 

タバコは百害あって一利なしですから、一日も早く禁煙したいところです。

自己流の方法で禁煙に臨んでも失敗を繰り返してきた方には、最後の手段として禁煙外来の利用をおすすめします。

月に2万円以内で治療できるのが普通で、タバコ代より安くなるというケースが多いです。

禁煙外来以外で禁煙する方法を探している方には禁煙グッズを使用した方法がおすすめです。