禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめ形式で紹介!

禁煙を挫折してしまうきっかけや原因を知ろう!

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/10

禁煙のきっかけは人それぞれ違いがありますが、自身の生活状況などによってもタバコを吸いたいと思うような場面や周囲の友人や知人、会社の同僚などからの一言が挫折する原因となることもあるため注意が必要です。禁煙がなぜ続かないかという点を考えつつ原因をチェックしていきましょう。

挫折してしまう理由を知ることが大切

禁煙を始めるというならば、自身の生活状況なども見直してみることが大切です。基本的に、タバコを吸うタイミングとして食後や仕事の合間の休憩中など人によってパターンがそれなりに決まっているケースが大半といえます。そのため、つい吸ってしまうような状況下にいることが、挫折のきっかけとなってしまう可能性があります。

食後の一服という習慣を続けていて、タバコを吸わなくなってもなんとなく習慣の感覚が残っていてあまり意識せずに吸ってしまうということもあります。仕事の合間なども一息入れたいと思い、休憩中にタバコに火をつけてしまうことで挫折するパターンにハマる方もいます。

それ以外にも、飲み屋などではお酒を飲むことになり、お酒が入ることでタバコを吸いたい衝動にかられることもあるでしょう。このように、日々の生活上、タバコを吸いたいと思うような環境の中にいることで気を抜くことができず精神的にもかなりのストレスとなってしまいます。数日程度ならば我慢できるかもしれませんが、それを長期的に耐えるというのはそれなりに大変だといえます。

タバコをやめられない原因を知ることも大切

禁煙を継続できない原因として、ニコチンによる依存性が挙げられます。ニコチンという物質は依存性が比較的強い物質として知られています。体内に吸収されることで、いろいろな作用をもたらすことになりますが、その一つとして快楽物質による作用があります。この快楽物質による作用が切れることにより、離脱症状などが現れることになります。

この離脱症状を解消するために、タバコを吸いたいという欲求が生まれてしまうため禁煙したくてもできない、途中で挫折してしまう方が後を絶ちません。ニコチンの依存は心理的な要因や身体的な要因などがあります。タバコを吸うことによりリラックス、ストレス解消などの感覚を持ってしまいますが、基本的には錯覚です。

ですが、効用があるかのような錯覚によってタバコを吸うことが常習化しやすい点からも注意が必要だといえます。そして、タバコを吸わないことによりニコチン不足が引き起こす脳や体への不調を解消しようとしてタバコを吸ってしまうというパターンにも注意しましょう。

習慣化されている喫煙をやめるための対策

禁煙をするために、自分なりに我慢をする必要があります。しかし、習慣化されていることやニコチン依存などに対して強い意思で抵抗をする必要がでてきます。人によっては、ある程度の期間は耐えることができても長期的にみれば挫折してしまう可能性は高まります。

対策は、自分一人の力ではなく医療機関や禁煙をするためのグッズを頼ってみましょう。医療機関で、治療をしてもらうという方法では自分一人で対応するよりもタバコをやめられる可能性が高まります。

ただし、きちんと通院をする必要があり、途中で通わなくなってしまうと失敗してしまう可能性があるためきちんと最後まで受診することが大切です。禁煙グッズなども、さまざまな特徴のものがあります。その中から自分に適したグッズを選び利用してみることでタバコをやめられる可能性が高まることでしょう。

 

禁煙をするなら、挫折してしまうきっかけとなるような場所にはいかない、極力、自分の生活上つい吸ってしまうような場面では注意をして我慢することも必要です。

また、ニコチン依存に対しての対策をするために、医療機関での治療や禁煙グッズなどの利用により少しでも依存による離脱症状が軽減できるように、自分なりに考えて自分以外の力も借りて対策をしていくことも大切だといえます。タバコをやめられるということは、健康面やそれ以外にもいろいろとメリットがあります。目標を立てて成功するように自分なりに対策をしてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧