禁煙方法・禁煙グッズを徹底調査!タバコをやめるには何が効果的でどんなコツがあるか!おすすめランキング形式で紹介!

理由を知れば対処できる?禁煙中の体重増加について

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/11/13

禁煙したことが原因で太ったから、結局再びタバコを吸うようになってしまったという人がいます。せっかく頑張って禁煙したのに、体重が増えたからといってそこでやめてしまうのは非常にもったいないことではないでしょうか。なぜ体重増加をしてしまうのか、その原因を知り正しい対処法も理解してみることをおすすめします。

禁煙すると決して珍しくない体重増加

タバコは百害あって一利なしとも言われるので、禁煙にチャレンジする人は決して少なくありません。しかし実際にはそれによって徐々に体重が増えていってしまうという現象は、多くの人に起きているのをご存知ですか。

その割合はタバコを吸わなくなった人の約8割にも達するとすら言われているほどです。つまり、タバコをやめると太ってしまうというのは、決して珍しいケースというわけでもなく、ごく当たり前のことだと言えます。

ただ、増えるとは言われていますが、格段にアップするかと言ったら実はそうではないのをご存知ですか。個人差はありますが、だいたいの増加量は2kg程度となっており、それ以上はあまり増えず、禁煙に慣れてくると体重増加もストップする傾向となっています。

だからタバコをやめたら体重が増え続けてしまうということはないので、その点だけはしっかりと理解しておくと良いでしょう。

禁煙すると太りやすくなるのはなぜか

禁煙すると、多くの人が体重増加を経験するのですが、なぜタバコを吸わなくなっただけなのに太りやすくなってしまうのでしょうか。

実は、タバコにはニコチンが含まれているのですが、ニコチン自体は脂肪組織に脂肪がたまらないようにする作用があります。喫煙習慣があると、体の中に定期的にニコチンを供給することになるので、いつでも脂肪がたまりにくい体の状態となっています。

しかしタバコを吸わなくなると、体内にあったニコチンの量はどんどん減っていってしまうので、脂肪組織にも脂肪がたまりやすくなります。その結果、喫煙以外では以前と同じ生活をしていても、徐々に太っていってしまうという現象が引き起こされます。

またタバコをやめると味覚などが改善されるので、以前に比べると美味しさを感じやすくなるという面もあります。さらに胃の調子も良くなるので、栄養分の吸収も良くなるので、美味しくご飯を食べ、その栄養をしっかりと吸収できるように変化するのです。

ただこの体の変化自体は決してダメなものではなく、健康になった証拠だということも理解しておきましょう。

禁煙しているときに太らないための対処法

脂肪は溜め込みやすくなるし、ご飯は美味しいし、栄養は前に比べると吸収しやすい、太る条件が3つもそろっているので、禁煙するとどうしても体重は増えがちです。ただ実は体重が増えてしまったからもう何もすることができないというわけではなく、いくつもの対処法があるのをご存知ですか。

例えば野菜をたくさん食べて便通を整えたり、満足感を味わうことによって口寂しさを解消することはできます。また間食を少し減らすだけでも摂取カロリーは減るので、結果的に脂肪を溜め込みにくくなります。

運動も大切な対処法の一つで、体を動かすことでストレスを解消して快適に過ごしやすくなります。体重増加はどうしても起きてしまいがちですが、対処法を知っておけばそれほど増やしてしまうことなくタバコをやめることも十分可能です。

 

禁煙すると約8割の人が体重増加を経験しますが、増えたとしても2kg程度で、いつまでも増え続けるわけではありません。ただタバコを吸わなくなると体内のニコチン濃度が下がり脂肪を溜め込みやすくなるし、食事が美味しくなるので食べ過ぎてしまったりする場合もあります。

さらに栄養素の吸収も良くなるので、今までとほとんど同じ生活をしていても太ってしまう可能性は否定できません。ただ野菜を食べたり運動をしたり、感触を減らしたりなどで対処すれば、それほど体重を増やすことなく禁煙にチャレンジすることも可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの禁煙方法・禁煙グッズランキング!
第1位 離煙パイプ
第3位 二コレット
二コレットの画像
記事一覧