Skip to content

禁煙をする際の注意点

タバコを吸うのは健康には良くないことで、さらに周囲の健康にも影響を与えます。吸っている人もそれはわかっているのでしょうが、なかなか辞められなくて困っている人もいます。辞めようとするときに何に気をつけないといけないかを知っておきましょう。

 

周りに迷惑がかからないように行う

かつては電車の中には灰皿が設置されていました。もちろん喫煙者のためにです。男性の半数以上がタバコを吸っていたとされますが、現在はかなり喫煙をする人は減っています。その一つとして喫煙できる場所が制限されたことが挙げられるでしょう。鉄道の中はもちろん、公共的な施設や一般的な建物中でも禁煙になっています。道路上でも喫煙をするのは周りに迷惑がかかるので、喫煙所でタバコを吸うようにしなければいけません。タバコを吸う人にとって生活がしにくい環境になっていますが、人によっては禁煙をしようと考えている人も多いのも事実です。
その時の注意点として、周りに迷惑がかからないようにしないといけないということを覚えておいてください。これまで喫煙していた人が辞めようとするのはかなり苦しいとされます。となるとそのストレスなどを発散しようと家族などに迷惑をかける人もいるようです。家族はその人の体のためと協力してくれるでしょうが、他人に迷惑をかけ始めるとそれは問題になります。辞めることでストレスがたまらないようにするなど対策を考えないといけません。

何のために行うのかを決めて行う

ダイエットをする・お酒をやめるなど、何となく健康にいいからと行動を起こそうとすることがあるでしょう。タバコを辞めようとする人も同じような感覚で宣言をして始める人がいます。しかし気が付いたらまたふかし始めているという人もいます。
このようなことにならないようにも、禁煙を始める際には、何のために行うのか、明確な目標を立てるようにしておきましょう。何となく始めると目的がはっきりしない状態なので、自然と辛くなればいつでも辞められるマインドとなってしまいます。これでは何度やってもやめられない状態が続きます。周りの人は辞めると言ってくれて喜びますが、また吸い始めるとがっかりしてします。
周りの人のためにも、始めるならきちんと理由を決めて行いましょう。自分の健康のために行う人もいれば、家族に煙を吸わさないために行う人、タバコの費用を抑えて生活費を楽にするために行う人もあるかもしれません。目標があれば辛くなったときにその目標が頭によぎります。安易に始めた時に比べると、簡単には中断しにくくなります。我慢する辛さはありますが、それを乗り越えると完全に辞められます。

自分に合う方法は何かを調べておく

タバコは体に良くないのは一般的に知られています。おそらく吸っている人もわかった上で吸っているのでしょう。しかしタバコを吸うことで得られる状態や、吸わないことによるイライラ感を考えるとなかなか辞められないのでしょう。もしタバコ以外に同じような状態になれるものがあるなら禁煙ができるかもしれません。
ここで禁煙を行う前の準備として、自分に合う方法を調べるようにしましょう。ネットなどで調べるといろいろなグッズが出てきますが、実際に利用してみると全く辞める効果が得られないものもあります。
電子タバコはタバコの名がついていますが、日本製のリキッドにはニコチンがありません。ニコチンに依存している人だと辞める効果が得られないかもしれません。加熱式タバコは燃焼式タバコに比べるとかなり害が少ないとされ、それなりにニコチンも得られます。ただタバコとは吸ったときの感覚が異なるので、合わない人だとまた元に戻ります。その他にもいろいろなグッズがあるので、続けられるものを試すと良いでしょう。

 

タバコをやめるのは非常に苦労するので、家族の協力などが必要です。でもあまり迷惑をかけすぎるのも良くありません。安易に辞めようとするのではなく、明確な目標を持って辞めるようにしましょう。自分に合うグッズ選びも大事になります。